神奈川県製紙原料商業協同組合 >> J-Brand

J-Brand

J-Brandとは

Jブランドの古紙は、全国製紙原料商工組合連合会に加盟し、且つ、同連合会の認定制度である「古紙商品化的確事業所」「古紙リサイクルアドバイザー」「品質管理責任者」の三つの認定を有する事業所において、定められた方法によって商品化された古紙だけに与えられる名称で、高い品質と均一化された仕様を有する日本古紙のナショナルブランドです。2015年現在、日本古紙総量の70%に当たる「新聞古紙」と「段ボール古紙」の2品目を運用しています。品質規格は公益財団法人日本古紙再生促進センター(Japan Paper Recycling Promotion Center)の定める「日本古紙標準品質規格」によって商品化されています。

Jブランドの仕組み

古紙品質認定制度

J-Brand品質の古紙は、品質管理手順書にのっとり商品化し、一定の要件を満たします。J-Brandとして認定された古紙には、①品名、②会社名、③事業所名、④事業所ナンバー等を記載したラベルを貼り付け、流通の管理に寄与しています。J-Brandの古紙は(公財)古紙再生促進センターの品質基準に則って商品化し、適格事業所の責任で出荷します。

認定商品

認定 段ボール古紙(OCC)
認定 新聞古紙(ONP)
段ボール古紙(OCC)
新聞古紙(ONP)
店舗、物流施設、家庭など市中から回収された段ボール古紙。(公財)押し再生促進センターの定める「日本古紙標準品質規格」によって商品化されたものとする。 家庭やオフィスなど市中から回収された新聞古紙(折込チラシ含む)。(公財)古紙再生促進センターの定める「日本古紙標準品質規格」によって商品化されたものとする。

※雑誌・雑がみは現在仕様を準備中です。





あなたの街の古紙企業

PAGE TOP